人気の格安SIMおすすめ6選!月額料金比較ランキングや選び方も解説

携帯料金を下げて毎月かかる生活費を抑えたい」「データ使用量があまり多くないのにスマホの月額料金がとても高い」とお悩みの方は多いでしょう。そんな方におすすめなのが格安SIMのスマホです。

格安SIMをうまく活用すれば、月額1,000円〜3,000円前後のスマホ代でも、電話・動画視聴・音楽・LINE・アプリなどを十分に楽しめるのを知っていましたか?

この記事では、人気のおすすめ格安SIM6選と、月額料金が安いおすすめ格安SIMランキングTOP3を紹介。また格安SIMの選び方についても解説します。

格安SIMのメリット・デメリットも解説しているので、乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてください。

人気のおすすめ格安SIM6選

LINEMO

LINEMO

LINEMOのおすすめポイント
  • 『ミニプラン』『スマホプラン』の2つから選択
  • ミニプランなら新しい番号or他社から乗り換えで最大半年間実質0円※1
  • LINEのトークも通話もデータ消費ゼロ

『LINEMO』はSoftbankが提供しているオンライン申込み専用の新ブランドで、LINEモバイルの後継として誕生したプラン。

20GBまでたっぷり使える「スマホプラン」と3GBまでの低容量が使える「ミニプラン」の2種類があります。

 2022年7月現在、ミニプランを新しい番号で契約するか他社からの乗り換えをすれば、990円相当✕最大6ヶ月のPayPayポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施中。※

ミニプランは月額990円なので、最大で半年間実質0円で利用できることになります。

『LINEMO』はLINEアプリのトーク・音声・ビデオ通話のデータ消費はカウントされずに利用できるので、LINEの使用率が高い方には特におすすめです。

通信速度制限がかかった場合でもLINEアプリの通信速度は落ちません。
基本月額料金(税込)
  • 【ミニプラン(3GB/月)】
    990円
  • 【スマホプラン(20GB/月)】
    2,728円
通話料(税込) 22円/30秒
通信回線 Softbank
キャンペーン※終了期間未定
  • 10,000円相当のPayPayボーナスプレゼント
  • LINE MUSIC6ヶ月間無料
  • PayPayポイント990円相当を6ヶ月間毎月プレゼント
支払方法 クレジットカード/口座振替
データ容量 3GB〜

出典:LINEMO
※1 ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外
※キャンペーンの終了日は未定

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobileのおすすめポイント
  • 月々の基本使用料金が2,178円から
  • ソフトバンクネットワークのため幅広いエリアで使用でき高速体験
  • 「データ増量オプション」が1年間無料で利用

『Y!mobile』はSoftbankが提供している「6年連続スマホ満足度」No.1※1の実績を持つ格安SIMです。

3GBの「シンプルS」、15GBの「シンプルM」、25GBの「シンプルL」の3つのプランが選択可能で、シンプルSなら月額基本使用料は2,178円から利用できます。

 また月額550円で「シンプルSは+2GB」「シンプルM・シンプルLは+5GB」増量できるオプションが、1年間無料になるキャンペーンを実施中。※

余ったデータは翌月へ繰り越しされるので、データ容量を無駄にすることなく有効活用できるでしょう。

シンプルM・Lならデータ通信容量超過時でも、最大1Mbpsの速度が出せるのでストレスは少ないですよ。
基本月額料金(税込)
  • 【シンプルS(3GB/月)】
    2,178円
  • 【シンプルM(15GB/月)】
    3,278円
  • 【シンプルL(25GB/月)】
    4,158円

※家族で入ると2回戦目以降は1,188円/月割引を適用

通話料(税込) 22円/30秒
通信回線 Softbank
キャンペーン※終了期間未定
  • データ増量無料キャンペーン
  • SIMカード/eSIMご契約&PayPayアプリと連携で最大10,000円相当プレゼント
  • 60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン
  • LINE MUSIC6ヶ月間無料
支払方法 クレジットカード/口座振替
データ容量 3GB〜

出典:Y!mobile
※1 2021年度サービス産業生産性協議会JCSI(日本版顧客満足度指数)調べ
※キャンペーンの終了日は未定

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 1GBまで実質0円で利用可能※1
  • 楽天回線エリアデータならデータ無制限が3,278円
  • 会員特典で楽天市場の買い物ポイントが常時大幅アップ

『楽天モバイル』は楽天モバイル会社が提供している格安スマホキャリア。使った分だけ支払いを行うワンプランとなっており、3GBまでなら1,078円、20GBまでなら2,178円で利用可能です。

また20GBを超えると、楽天回線エリアはデータ無制限で3,278円で利用可能です。100GBでも200GBでも無制限なので、データ容量を気にすることなく使用できます。

 2022年10月31日まで、対象期間内のデータ利用量が1GB以下の場合に期間限定ポイントが付与されるキャンペーンを実施しているので、1GBまで実質無料で使用することも可能です。

『楽天モバイル』は会員特典が充実しており、「楽天市場の常時ポイントアップ最大16倍」「エンタメコンテンツ3ヶ月間無料」などがあるので、楽天経済圏での買い物が多い方におすすめです。

Rakuten Linkのアプリを利用すれば、他キャリアのスマホや固定電話などへの国内通話も無料で利用できますよ。
基本月額料金(税込)
  • 3GB:1,078円
  • 20GB:2,178円
  • データ容量無制限:3,278円
通話料(税込) 22円/30秒
通信回線

楽天回線エリア:楽天

パートナー回線エリア:au

キャンペーン※終了期間未定
  • エンタメコンテンツ初回3ヶ月無料
  • iPhoneトク得乗り換え!最大24,000円相当分ポイント還元
  • スマホ/Wi-Fi得トク得乗り換え!最大19,000円相当分ポイント還元
支払方法 クレジットカード/口座振替
データ容量 1GB〜

出典:楽天モバイル
※1 2022年10月31日まで

UQ mobile

UQmobile

UQ mobileのおすすめポイント
  • 13ヶ月間、料金そのままでデータ増量
  • 自宅セット割でさらにスマホ料金がお得に
  • 節約モードでデータ容量を消費せず使用可能

『UQ mobile』は、「J.D.パワー2021年 携帯電話サービス顧客満足度調査・バリューキャリア部門No.1※1の実績を持つKDDI提供の格安SIM。

3GBの「くりこしプランS+5G」、15GBの「くりこしプランM+5G」、25GBの「くりこしプランL+5G」の3つのプランが選択でき、シンプルSなら月額基本使用料は1,628円で利用可能です。

 『UQ mobile』はでんき、またはネットをセットで加入すると『自宅セット割』が適用され、家族全員のスマホ料金がお得に。シンプルSならスマホ1人あたり990円と破格の安さで利用できます。

また現在、月額550円のデータ増量オプションが1年間無料になるキャンペーンを実施中。13ヶ月間は料金そのままでデータ増量ができます。

低速通信の節約モードで使用すればデータ容量を使用せず、ネットを楽しむこともできますよ。
基本月額料金(税込)
  • 【くりこしプランS +5G(3GB/月)】
    1,628円
  • 【くりこしプランM +5G(15GB/月)】
    2,728円
  • 【くりこしプランL +5G(25GB/月)】
    3,828円
通話料(税込) 22円/30秒
通信回線 au
キャンペーン※終了期間未定
  • データ増量無料キャンペーン
  • 「くりこしプラン +5G」へのプラン変更でデータ容量プレゼント
  • YouTube Premium3ヶ月間無料
  • 対応機種の新規契約で最大5,000円相当au PAY残高還元
  • Apple Music6ヶ月間無料
支払方法 クレジットカード/口座振替
データ容量 3GB〜

出典:UQ mobile
※1 J.D. パワー2021年携帯電話サービス顧客満足度調査。スマートフォンを利用している3,900名からの回答による。

IIJmio

IIJmio

IIJmioのおすすめポイント
  • データ量に合わせて2GBから自由に選べる
  • 余ったデータ量は翌月繰越で無駄なし
  • タブレットやeSIMも選べる

『IIJmio』は東証一部上場企業の「株式会社インターネットイニシアティブ」が提供しており、「J.D. パワー携帯電話サービス顧客満足度MVNO部門」でNo.1※1の実績を持つ格安SIMです。

使いたい機能に応じて「SIMの機能」や「データ量」を自由に組み合わせが可能で、ドコモ網、au網どちらでも選べるのが特徴です。

 音声通話付きのSIMは4GBで990円で利用できるので他社の格安SIMと比較しても、安上がりに利用できます。

またIIJmioには、バースト転送機能を搭載。低速通信時でも、はじめの一定量は高速通信して読み込みを行うので、ストレスなくネットを利用できるでしょう。

スマホと一緒にネットもセットで利用すれば『mio割』が適用され、ネット代が毎月660円OFFで使用できます。
基本月額料金(税込)
  • 2GB:850円
  • 4GB:990円
  • 8GB:1,500円
  • 15GB:1,800円
  • 20GB:2,000円
通話料(税込) 11円/30秒
通信回線 docomo、au
キャンペーン※終了期間未定
支払方法 クレジットカード
データ容量 2GB〜

出典:IIJmio
※1 J.D. パワー2021年携帯電話サービス顧客満足度調査。スマートフォンを利用している2,800名からの回答による

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEmobile

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント
  • MM総研「通信速度」で最高評価の5.0※1
  • エンタメフリーオプションが最大6ヶ月無料
  • 選べる通話オプションで電話料金がお得に

『BIGLOBEモバイル』は、インターネットプロバイダのビッグローブ株式会社が提供する格安SIM。料金プランは1GB〜30GBまで豊富にあり、プランSの1GBは月額1,078円で利用可能です。

月額308円(音声通話SIM利用時)のエンタメフリーオプションがあり、加入すれば「YouTube、Abema、U-NEXT、Spotifi」など全21種の対象サービスがデータ消費されません

 そのためプランSの1GBでも十分楽しむことができるでしょう。また初回申込のみ最大6ヶ月間無料になるキャンペーンも実施中です。

『BIGLOBEモバイル』は2020年オリコン顧客満足度調査の「格安SIM」で1位※2に輝いており、外部からも評価が高いです。

『BIGLOBEモバイル』契約者がビッグローブ光を契約すれば、ネット月額料金が1年間「マンション1,078円」「ファミリー2,178円」で利用できますよ。
基本月額料金(税込)
  • 【プランS (1GB/月)】1,078円
  • 【プランR (3GB/月)】1,320円
  • 【プランM (6GB/月)】1,870円
  • 【12GB/月)】3,740円
  • 【20GB/月)】5,720円
  • 【30GB/月)】8,195円
通話料(税込) 22円/30秒
通信回線 docomo、au
キャンペーン※終了期間未定
  • エンタメフリーオプション最大6ヶ月間無料
  • セキュリティセット最大2ヶ月無料
支払方法 クレジットカード
データ容量 1GB〜

出典:BIGLOBEモバイル
※1 MM総研「MVNOネットワーク品質調査」(2021年9月時点)調べ
※2 2020年オリコン顧客満足度調査

【月額料金比較】料金が安いおすすめ格安SIMランキングTOP3

本記事で紹介した格安SIMを、月額料金の価格の安い順にランキング形式でご紹介します。

※データ容量「3GBまたは4GB」で契約した場合の月額料金で比較しています。
※料金はキャンペーンを適用した価格。2022年7月31日現在の情報です。
※料金が同額の場合はデータ容量を比較し、容量の大きい方を上位にしています。

1位:IIJmio(4GB:990円)

IIJmio

IIJmioのおすすめポイント
  • 4GBで990円!
  • ドコモ網、au網どちらでも選べる!
  • バースト転送機能を搭載!

2位:LINEMO(3GB:990円)

LINEMO

LINEMOのおすすめポイント
  • 3GBで990円!
  • ポイントキャンペーンで最大半年間実質0円で利用!
  • LINEアプリはデータ消費にカウントされない!

3位:楽天モバイル(3GB:1,078円)

楽天モバイル

楽天モバイルのおすすめポイント
  • 3GBで1,078円!
  • 楽天回線エリアデータならデータ無制限が3,278円!
  • 会員特典で楽天市場の買い物ポイントが常時大幅アップ!

おすすめ格安SIMの選び方

格安SIMは以下のポイントに着目して選ぶとよいでしょう。

格安SIMのおすすめの選び方
  • 通信回線から選ぶ
  • データ容量・月額料金から選ぶ
  • キャンペーンや割引から選ぶ

通信回線から選ぶ

スマホを触る女性

1つ目は、通信回線から選ぶ方法です。前述したように、格安SIMは大手キャリアの回線の1部を借りてサービスを提供しています。

LINEMOならSoftbankの回線を、UQmobileならauの回線を、BIGLOBEモバイルならdocomoとauの回線を利用しています。

 格安SIMによっては、すべての回線に対応しているものもあります。

通信回線は種類によって、繋がりにくい地域や通信速度が遅くなってしまう地域もあります。

対応しているサービスエリアの通信回線を選ぶようにしましょう。

データ容量・月額料金から選ぶ

次にデータ容量と月額料金から選ぶ方法です。まずは毎月自分が使用しているデータ通信量がどれくらいなのか調べておきましょう。

利用データ容量で各社を比較し、月額料金が安いものを選ぶのがおすすめです。

 普段はあまり使わないけど、たまに使用量が増えるという方は、『Y!mobile』や『UQ mobile』のように、データ容量増量オプションを利用するのもよいでしょう。

使わなかったデータは翌月繰り越しされる格安SIMも多いので、データ容量を抑えて契約することでコストも抑えられます

キャンペーンや割引から選ぶ

コイン

キャンペーンや割引から選ぶのも1つの方法です。「数ヶ月間料金無料で利用できる格安SIM」や「エンタメ系サービスが数ヶ月無料で利用できる格安SIM」など各社様々なキャンペーンを実施しています。

 データ容量の項目で述べた「データ容量増量オプション」が数ヶ月無料で利用できるキャンペーンもあるので、データ使用量が多い方は、検討してもよいでしょう。

ただし、キャンペーンや割引は、新規契約または乗り換え時のみに適用される場合が多く、同じグループ会社の乗り換えは適用されないケースもあります。

キャンペーン適用条件は必ずチェックしておきましょう。

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMのメリット

スマートフォン

格安SIMのメリット
  • 料金が安い
  • プランが分かりやすい
  • 通話サービスの選択ができる
  • 長期契約縛りが少ない

格安SIMの最も大きなメリットは料金が安いことでしょう。大手キャリアの場合、月々6,000円〜1万円前後支払っている方も珍しくありません。

しかし格安SIMなら、月額1,000円〜3,000円前後で利用できます。また大手キャリアはプランが複雑なものが多いですが、格安SIMは料金プランがとてもシンプル

 データ容量だけが異なるワンプランの格安SIMも多いので、悩むことなく契約できるでしょう。

格安SIMは最低利用期間が短い会社が多いので、気軽に利用できるのもメリットの1つです。

格安SIMのデメリット

格安SIMのデメリット
  • キャリアメールが利用できない場合がある
  • LINEの電話番号検索、ID検索ができない
  • 通信速度が安定しない場合がある

格安SIMのデメリットは大手キャリアから乗り換えることで、キャリアメールが使えなくなってしまう場合があることです。メールを使用したい方は、GmailやiCloudメールなどを使用するか、有料でキャリアメールを持ち運びましょう。

また格安SIMの多くは、ID検索や電話番号検索などLINEの一部機能が使えません。

 検索機能は18歳以上のみが使用できます。大手キャリアは登録情報から年齢確認が行われていますが、格安SIMでは年齢確認ができないので、検索機能が利用できないのです。

格安SIMは大手キャリアの設備の一部を借りているため、大手キャリアと比較して通信速度が落ちる場合や安定しない場合があるのもデメリットでしょう。

まとめ

今回の記事は人気のおすすめ格安SIM6選と月額料金が安い格安SIMランキングTOP3を紹介しました。格安SIMに変えることで、毎月の携帯代をかなり安く抑えることができます。

デメリットもほとんどないので、携帯代に悩んでいる方はこの機会に乗り換えましょう。格安SIMを選ぶときは、「通信回線」「データ容量と月額料金」「キャンペーン」から選んでください。

LINEの使用量が多い方は、LINEアプリのトーク・音声・ビデオ通話などがデータ使用量にカウントされない『LINEMO』がおすすめですよ。
MORE CHOICESはさまざまな商品の徹底調査、比較したコンテンツ(一部プロモーション含む)を掲載しております。株式会社ゼロアクセルが制作、監修したものをそのまま掲載しております。本コンテンツへのお問い合わせはゼロアクセルに直接お願いします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事