プレスルーム

トップページ > プレスルーム > 購入場所は習慣・安定・利便性を重視。50代以上83%が来年もおせちを「食べる」と回答 ご自宅にお届け!『ゆこゆこおせち料理セレクション』電話で注文可
2021年10月20日
リリース

購入場所は習慣・安定・利便性を重視。50代以上83%が来年もおせちを「食べる」と回答 ご自宅にお届け!『ゆこゆこおせち料理セレクション』電話で注文可

 温泉宿泊予約サービスやシニアリサーチ事業を提供するゆこゆこホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:徳田 和嘉子、以下当社)は、「おせち料理に関するアンケート」を50代以上のゆこゆこネット会員1,322名を対象に実施しました。来年も83%の方が「おせちを食べる予定である」と回答しています。結果を下記に記載しています。
 当社では10月20日より発送の『ゆこゆこ12月号』と合わせて『ゆこゆこおせち料理セレクション』もご自宅にお届けしています(https://www.yukoyuko.net/lp/osechi2022/top/)。ご自宅からお電話で注文でき、家から一歩も出ずにおせちを購入いただくことが可能です。

Q:来年(2022年)、お正月におせちを食べる予定ですか。
2022年おせち食べる
 全体の83%が来年のおせち料理を「食べる」と回答しました。今までも「食べていた(71%)」「ほぼ食べていた(15%)」と86%がおせちを食べる習慣にあったと回答しています。
 来年のおせちを一緒に食べる相手は「配偶者/恋人」がどの年代も7割以上を占めています。コロナ終息後におせちを一緒に食べたい相手として、50代は「同居していない親」「同居していない子ども」、60代と70代で「同居していない子ども」「同居していない孫」といった、 “同居していない家族”の回答が来年一緒に食べる予定である相手の回答をわずかに上回りました。自粛などで会う事は控えるものの、コロナが終息したら離れて暮らす孫や子ども達とおせちをともに食べたいという想いが表れた結果となりました。

2022年おせち
おせち食べたい人

Q:2022年のおせちは作りますか、購入しますか。
作るか買うか
「手作りのものと購入したもので用意する」組み合わせ派が過半数を越える結果となりました。組み合わせ派の方があえて手作りする予定のものは、
1位:筑前煮
<主な理由>たくさん作れて美味しいから(70代以上女性)、家庭の味があるから(60~64歳女性)、妻の自信作(50~54歳男性)
2位:紅白なます
<主な理由>我が家のレシピがあるため(50~54歳女性)、安く準備できる(70歳以上男性)、簡単だから(65~69歳男性)
3位:黒豆
<主な理由>作った方が美味しい(50~54歳女性)、たくさん食べるから(70代以上女性)、甘すぎないものが食べたい(55~59歳女性)
 といった結果となり、家のレシピがあるものや、好みがあるもの、簡単に作れるものはあえて手作りを選ぶ傾向にあることが明らかになりました。
 
 また、来年のおせちを購入する予定の場所については、どの年代でもスーパーマーケットが一番多い結果となりました。「百貨店・デパート」の回答のみ全年代でわずかに減少していますが、購入したことがある場所と来年のおせちを購入予定の場所とでは大きな違いは見られませんでした。来年のおせちをその場所で購入する理由は「いつもそうしているから(通信販売/70代以上男性)」「買い慣れているから(百貨店・デパートほか/70代以上男性)」といった“習慣派”「いつもの味を楽しみたいから(スーパーマーケット/70代以上男性)」「安心だから(百貨店・デパート/60~64歳女性)」といった“安定派”「家の近くで調達できる(スーパーマーケット/55~59歳男性)」「身近に頼める(コンビニエンスストアほか/60~64歳男性)」などの“利便重視派”の声が多く寄せられました。
 このことから、おせち料理に関しては、馴染みであること、失敗がなかったこと、場所・価格の面で手軽に購入できることなどが購入場所を選ぶ一つの基準になっていると言えます。
2022年おせち


購入予定の場所

■『ゆこゆこおせち料理セレクション』が、気軽に買えるおせちの新たな選択肢に
おせち2022表紙
『ゆこゆこおせち料理セレクション』は、10,000円以下から20,000円台までの価格帯の重箱おせちを20点以上ご紹介している、おせち料理のカタログです。『ゆこゆこ12月号』と合わせて無料でご自宅にお届けしています。カタログを見ながらその場でお電話でご注文いただけるため、家から一歩も出ずにおせち料理の購入が可能です。
 カタログ請求ご希望の方は無料の『ゆこゆこ12月号』をお申込みください。インターネットページからカタログをご覧いただくこともできます。

・『ゆこゆこ12月号』お申込み:https://www.yukoyuko.net/magazine
・『ゆこゆこおせち料理セレクション』インターネットページ:https://www.yukoyuko.net/lp/osechi2022/top/ 

 当社では今回の調査結果を参考に、今後もよりお客様のニーズにお応えした『おせち料理セレクション』をご用意していくとともに、お客様の毎日に愉しみをお届けする商品をご提供していきます。

【調査TOPICS】
・購入予定のおせちは、重箱おせち48%、単品のおせちをいくつか購入49%、その他3%。
・購入予定のおせちの金額は、4,999円以下:12%、5,000円~9,999円:21%、10,000円~14,999円:22%、15,000円~19,999円:20%、20,000円~24,999円:14%、25,000円~29,999円:5%、30,000円以上:6%。
・好きなおせちの具材は1位:数の子、2位:黒豆、3位:栗きんとん。残しがちな具材は1位:くわい、2位:あてはまるものはない、3位:田作り

【アンケート調査概要】 
・タイトル:おせち料理に関するアンケート 
・調査対象:温泉宿泊予約サービス「ゆこゆこネット」に登録する50代以上の会員 
・調査期間:2021年10月7日(木)~10月10日(日) 
・方法:アンケートフォームを使用したオンライン調査 
・有効回答数:1,322名(50代381名、60代546名、70代以上395名) 
※本プレスリリース内容の転載にあたりましては、「ゆこゆこホールディングス株式会社調べ」とご記載くださいますよう、 お願い申し上げます。

プレスリリースはこちら

ページの先頭に戻る

プライバシーマーク

YUKOYUKO HOLDINGS